借金は、使うお金だけを借りて

確認する

お金を貸す側もどんどん借りてもらって、生活を困らせようという意味で貸すわけではありませんし、貸したお金をどのように使って、どのように借金返済を実施するかを計画的に行えなければ、貸してもらうことはできないと思います。これはお金を返すことが最大の条件であるからです。無計画でいろんなところからお金を借りまくっている人にお金を貸したくはないというのが誰にだってあるのです。逆に自身がお金を貸す立場だったとすればいかがでしょうか。絶対に理由や返済方法を確認するはずです。計画的に行えるかどうかが問われるわけです。

また、余計なお金を借りてしまいますと、借金返済も1回当たりが大きくなったり、返済期間も長期化したりして、自身も苦しくなりますし、貸した側も大丈夫かなと不安になってしまいます。お金を借りることは相手を不安にさせない、困らせないことが最優先ということになります。そうならないようにするのが、お金を計画的に返していくことであり、必要なお金以外のお金を借りないようにすることではないでしょうか。

それが結果として、信用につながり、自身の生活も改善できて、2度とお金に困りたくはないと思える生活を送ることができるのではないかと思います。借金返済がきっかけになったかもしれませんが、何をするにも具体的な計画がなければ、何度やっても失敗してしまいます。借りるお金から返済計画、生活の改善が全て計画通りに行われれば、信用してもらえる人間になると思います。

借金返済はしっかり考えて

しっかりしろ

用途が決まって、借金返済の計画が決まってお金を借りることになるわけですが、生活についてもしっかりと考えておかなければ、どちらかが成立しないことになるか、どちらも成り立たなくなるかのどちらかが起こってしまいます。ですから、そうならないように生活のことも含めて、考えておかなければならないのです。

生活費は主に水道光熱費、通信費、食費ということになると思います。それ以外にも衣服代とかありますが、衣服はあまりにもボロボロであれば買うことも必要ですが、毎月買うものではありません。また、主な部分では水道光熱費と通信費は大きく削ることはとても簡単なことです。しかし、食費につきましては、一気に減らしてしまいますと、体調を崩してしまう可能性がありますので、外食やコンビニ弁当を止めることからはじめていただき、自炊でも徐々に食べるものを質素なものにしていただければ、無理なく食費を減らすことが無くなるのではないでしょうか。これは借金返済のためでもあり、将来の健康面のためでもあるのです。

つまり、借りたお金の使いみち、借金返済計画、生活費の削減方法をしっかりと決めておかなければ、結果として生活に影響のない返済が行えないということになります。計画性のない借り入れや返済は必ず生活を破綻させることになります。そうならないためにもそれらのことを計画的に実施していくことが必要になるのです。

借金はどのくらいで完済するの

いつまで

借金返済期間はとても重要なことです。業者の場合はいくら以上ずつとはなっていますが、自身でできるだけ早く完済できるようにしっかりと計画を立てておくことは大切なことです。もちろん、無理のある計画ですと、実行ができなくなってしまい、返すことができないということになってしまいますので、そのようなことにならない程度で、最低返済しなければならない金額がありますからそれ以上という金額を考えて、どのくらいで完済できるかを考える必要があります。業者から借りる場合はWebサイト上に返済シミュレーションがありますので、そちらを参考にして計画を立てると便利かと思います。

また、個人での場合は、相手がお金を貸しているということはそれなりに生活に困ることも考えられますので、できるだけ短期間で完済できるような計画を立てて、誓約書にそのことを記載して、相手に提出をするようにしてください。ただ、お金を貸してほしいということは事前に相手に伝えるようにしてもらいたいです。そうしないと、相手が困ってしまいますので、十分に注意をしてもらいたいと思います。

そして、借金返済の計画が立てられて、借りる金額と用途が確定したところでお金を借りることができるわけです。業者の場合は用途が確定してなくても借りることができるかもしれませんが、それでも用途や借金返済の計画がなければ、無駄な借り入れや返済ができないといったことになりかねませんので、しっかりと考えてから借りるようにしてください。

お金はどれだけ必要なの

実際にお金を借りる時は必要な金額を聞かれます。そこで適当な金額をいうわけにはいきません。ですから、お金を借りる前に必要な金額と借金返済の方法をあらかじめ決めておく必要があります。業者から借りる場合は書類に書くか、ATMでその金額を入力すればいいですし、個人の場合はあらかじめ誓約書を作成して、誓約書に必要な金額と返済の計画を書いて、自筆サインと印鑑を押して準備をしておきましょう。

また、お金を借りることも計画を立てて借りなければいけなければなりませんし、借金返済についても計画を立てて返していかなければなりませんが、それらが何も考えられていない状態ですと、やはり問題になってしまいます。そうならないように困った時だからこそ、無駄な借り入れや返済ができないということがないようにより計画的に行わなければなりません。どこでも簡単にはお金を貸してくれるということはありませんので、裏技があるとか、こうすれば簡単に借りられるということがないということを認識してもらいたいものです。

具体的に必要な金額と借金返済の計画を立てて、実行していれば、信用を無くすこともありませんし、完済すればまた困った時に貸してあげようということになると思います。自身が貸す側になった時に返してもらえなかったらどうでしょうか。とても嫌な思いをするはずです。自分が嫌なことは誰でも嫌なことではありますので、しっかりと約束を守ってもらいたいものです。

お金を借りる目的は何ですか

借りる目的

お金を借りるためには、正当な理由が必要になります。正当な理由といいますのは、病気やケガ、事故のことになると思います。それ以外の遊びでお金を使ってしまったなどは正当な理由とは言えません。具体的に言いますと、正当な理由とそれに対してどれだけのお金が必要であるかを調べておく必要があります。そうしておかなければ、お金を貸してもらえないこともあります。もちろん、嘘の申告をしても意味はありませんし、嘘の申告をする方はちゃんと借金返済できない方が多いかもしれません。

また、目的について、生活費という方がいらっしゃいますが、子供の塾代とか学費といったものが原因になるかと思いますが、学費は仕方がないのかもしれません。ただ、塾に関しましては、必ずしも塾に行く必要はなく、子供の努力次第で成績は変わるものだと思います。最近の子供は塾へ行く割合が高くなっていますが、塾へ行っても成績が上がる子もいれば、下がる子もいます。そう考えますと、塾へ行かせるのが必ずしもいいとは限らないのです。

そして、お金を借りる理由がはっきりとしていて、正当な理由として認められたら、はじめてお金を借りることができますが、借りた以上は借金返済に努め、借金返済のための生活を送らなければなりません。そうしますと、要らない出費、必ずしも必要ではない出費があると思いますので、それらは削っても生活に支障はないということで削ることができて、生活も成り立つのです。

先に借金返済計画を

計画一番

借金返済はこれまでにも述べましたように、計画性がとても重要になります。ですので、借りてから返すことを考えるとなりますと、どうしてもおろそかになりかねません。貸している側としましては、返済を着実に行ってくれるということを信用して行っておりますので、信用を失墜するようなことがないようにしなければなりません。信用はすぐになくなってしまうものです。そこから回復するまでにはかなりの時間を要するか、回復は不可能ということになるのは明らかです。

そういうことにならないためにも、お金を借りる前に借金返済の計画を立てておかなければならないということです。計画を立てて、実行することができれば、信用してもらえますし、不信感も噴出することはありません。ですから、計画性というのはとても大切なものなのです。もちろん、これまでにも述べていますように、借りる金額も必要以上に借りることがないように、しっかりと用途を明確にして、実際にどのくらい必要かを考えていかなければなりません。

その結果、信用を失うことになりませんし、借金返済に回していたお金を貯金としておいておくことができるのではないでしょうか。貯蓄できるようになれば、再びお金を借りなければならない状況はほとんど来なくなりますし、少ないお金で生活する術を身につけることができるのではないでしょうか。そして、完済して、生活も変えることができれば、贅沢をしたくなる気持ちを抑えていける自信にもつながるのではないでしょうか。

借りるだけを考えてはならない

お金を借りることだけを考えて、これまでの浪費癖が直らなければ、結果として借金返済はできなくなります。そうなりますと、督促はきますし、延滞利息を支払わなければなりませんし、裁判所から通知が来てしまいます。そうなりますと、弁護士事務所へ行って、債務整理を行わなければならなくなり、信用は全くないということになり、マイナスから抜け出すことができなくなってしまいます。

つまり、お金を借りるということは借金返済が義務としてついてくるわけで、返済ができなければ、どんどん借金が増えてしまい、場合によっては自己破産をしなければならないようになります。ですから、お金を借りられればいいという考えはしないようにして、お金をどのように返すかを考えてから、お金を借りるようにしてください。それが信用につながることは言うまでもありません。信用を増やすことは難しいですが、信用を失うことは簡単なことです。返済を続けていくようにしましょう。

そして、借金返済はとてもつらいと思うこともありますが、完済してみれば、これだけの生活費でもやっていけるという自信がつき、苦労したことも笑い話になっていると思います。その笑い話を同じように困っている人に自分はこうやって乗り越えてきたということも話すことができますし、助けることができる人間になっていると思います。いろんなことが返済をして行く中であったかもしれませんが、とにかく返すことが借りた人には重要なのです。

返すお金を絞り出せるか

いろんな経費を抑えたり、なくしたりすることによって、借金返済に必要なお金は確実に増えてきます。そうなりますと、一気に返済することができますし、完済までの期間も初めの予定よりも大幅に短くすることもできるはずです。ローンのようにまとめ払いしたからと言って、翌月はスキップでもいいというわけではありません。そのことをしっかりと理解したうえで、毎月の返済を確実に行っていくようにしてください。そうしないと、延滞利息が付いたり、督促がひっきりなしに来たりすることになって、余計に自分を苦しめてしまいます。

また、生活費を絞って、無駄な出費をなくしていくとともに、生活スタイルをこの形で毎月やっていけるかを確認しながら、借金返済を行っていけば、無駄遣いはもうこりごりだと思えるようになり、それが普段の生活になり、貯蓄ができる生活を送ることができます。貯蓄ができるようになるということは、無駄な出費をなくした努力の結果であり、万が一の時は貯蓄を切り崩していけば、生活はできるはずですし、住宅や車を買う時の頭金として使うのであれば、頭金が多ければ多いほど、信用を得られることになって、ローンでの購入もすんなりできるのではないでしょうか。

そして、借金返済を重ね、完済したところはゴールではありません。お金をマイナスから0になっただけのことですので、そこからどれだけ貯蓄できるかが本当の勝負だと思います。目標が達成されたら次の目標を立てて、マイナスからプラスになる生活をしてもらいたいです。

必要でない生活費は排除せよ

生活費は必要でないものとそうでないものがあります。必要ではないものを生活費から排除しなければ、借金返済を短期間で行うことはできません。ただ、食費については、外食、買ってきた弁当を食べていますとお金がかかってしまうこともありますので、できるだけ自炊でご飯を食べるようにしてください。そうすることによって、生活に困ることなくお金を返すことができるわけです。お金を借りるということはそこである意味マイナスということになるわけですから、着実に返していくことがマイナスを0にするためには必要であるということです。

また、必要でない生活費といいますのは、ブランド物であったり、壊れていないのに新品を買ったりといったことです。さらに衣服につきましても頻繁に買っているようでは、返済をするのに時間がかかってしまう結果になりかねません。貸している側としては、お金を返さないのに買い物ばかりして、思ってしまっても仕方がありません。相手に不信感を与える買い物はしないようにしましょう。
そして、水道光熱費も工夫をすることができれば、そこからも捻出することができますし、通信費でも携帯電話を格安SIMに変えるだけでも大きく金額が変わりますので、1日でも早く完済することだけを考えて、借金返済に注力をしていきましょう。

生活費を削るというのは、今後の暮らしにも役立ちますし、借金返済が終わった後、収入が少なくても生活ができて、貯蓄もできるようになればいいのではないでしょうか。